ペットシッターになるには

これからペットシッターになりたい人

ペットシッターになるには

2006年6月『動物の愛護及び管理に関する法律』の改正により、ペットシッターとして開業するためには、「動物取扱責任者」として「動物取扱業」の登録申請を行うことが義務付けられました。

また、2019年6月「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」が公布、2020年6月一部が施行され、「動物取扱責任者」の資格要件が変更になりました。変更内容に関しては、下記をご確認ください。

「動物取扱責任者」の要件変更

今までの「動物取扱責任者」の資格要件

次に掲げる3つの要件のいずれかに該当する必要がありました。

  • 経験要件
    営もうとする動物取扱業の種別に係る半年以上の登録施設での実務経験があること
  • 学歴要件
    営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する学校その他の教育機関(原則として学校法人であること)を卒業していること
  • 資格要件
    公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること

変更後の「動物取扱責任者」の資格要件

次に掲げる4つの要件のいずれかに該当する必要があります。

  • 獣医師免許取得者
  • 愛玩動物看護士免許取得者
  • 経験要件 + 学歴要件
    営もうとする動物取扱業の種別に係る半年以上の登録施設での実務経験があること *1
    +
    営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する学校その他の教育機関(原則として学校法人であること)を卒業していること
  • 経験要件 + 資格要件
    営もうとする動物取扱業の種別に係る半年以上の登録施設での実務経験があること *1
    +
    公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること

*1 実務経験は、常勤職員としての勤務に限り、申請の際に実務経験を証明する書類の提出が必要になります
常勤職員:事業所で定められている常勤の所定労働時間の勤務をしている職員
*所定労働時間(1週間で最大40時間:フルタイム)

変更点

要件が複数必要になった。
今までは、資格や教育機関の卒業証明があれば「動物取扱責任者」の登録・申請ができましたが、法改正により経験要件が必須となりました。また、経験要件がある人は、資格を取得したり、教育機関へ通う必要があり、登録・申請が厳しくなったと言えます。

該当の資格:営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得できる資格を取得すること

該当の資格に関しては、下記に記載しておりますので、ご確認ください。

該当の教育機関:営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する

学校法人(学校教育法第1条に掲げる学校,専修学校及び各種学校 )や

その他の教育機関で指定の学科を受けて卒業する

*具体的な教育機関名などについては、管轄の動物愛護センターにお問合せ下さい。

該当資格例

  • ペットシッター士:(NPO法人 日本ペットシッター協会)
  • 愛玩動物飼養管理士(1級・2級):(公益社団法人 日本愛玩動物協会)
  • 愛犬飼育管理士:(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ)
  • 家庭犬訓練士(初級,中級,上級,教師):(一般社団法人 全日本動物専門教育協会)
  • 家庭動物販売士:(一般社団法人 全国ペット協会)
  • 動物看護士(初級,中級,上級,教師):(一般社団法人 全日本動物専門教育協会)

資格を取るには

専門学校

ペットシッターになるための知識や技術を勉強する学校。直接講師から指導を受けたい人、ペットシッターを目指す生徒たちと共に学びたい人に向いています。入学条件は満16歳以上という学校が多く、保証人が必要となる場合もあります。

主な学習内容の例

  • ペットシッターの実務
  • 犬や猫の行動パターンや学習方法
  • 犬や猫の飼育方法(食事や健康管理)
  • ペットに関する法律の基礎知識
  • 小動物の生態と飼育方法 ほか

通信講座

ペットシッターになるための勉強を自宅で行う通信講座。専門学校に通って学習することが困難な人、近くに専門学校がない人、また、仕事や家事・育児と両立したい人、自分のペースで勉強したい人、学費をできるだけ低く抑えたい人などに向いています。

主な学習内容の例

  • ペットシッターの実務
  • 犬や猫の行動学、学習方法
  • 犬や猫の飼育方法、しつけの仕方
  • 小動物の生態学、飼育方法
  • 動物の病気予防や衛生管理 ほか

起業するには

起業するにあたって必要な手続き

ペットシッター開業に際しては、動物取扱業の登録が必要となります。
また、事業所ごとに専属の動物取扱責任者を、常勤職員の中から1名以上配置することが義務付けられています。
(複数の事業所・店舗での兼務はできません。)
動物取扱責任者に求められる要件は以下の通りです。

動物取扱責任者の要件

以下、(1)(2)(3)の条件をすべて満たしていること

(1)次に掲げる要件のいずれかに該当すること

  • 経験要件 + 学歴要件
    営もうとする動物取扱業の種別に係る半年以上の登録施設での実務経験があること
    +
    営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する学校その他の教育機関(原則として学校法人であること)を卒業していること
  • 経験要件 + 資格要件
    営もうとする動物取扱業の種別に係る半年以上の登録施設での実務経験があること
    +
    公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること

(2)成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者でないもの

(3)動物愛護法に違反して罰金以上の刑に処されていないこと 等

なお、動物取扱責任者は毎年1回3時間以上の講習(動物取扱責任者研修)を受講することが義務付けられています。

初めてペットシッターのお仕事をお考えの方

・初めてペットシッターのお仕事をお考えの方は、「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

・現在ペット関連のお仕事をしているもしくは、現在ペットシッターのお仕事をしている方は、「応募フォーム」から応募ください。

「ペットシッター」というお仕事に興味を持たれた方は、一度下記フリーダイヤルかメールにてお問い合わせください。本部スタッフが資格条件など詳しい内容をご説明させていただきます。

ペットシッター向け 保証制度

オリジナル保険

あにまるている 本部では、損保会社と保険内容を考案し、賠償責任保険(施設所有管理者特約と受託者特約)と、傷害総合保険をセットにしたシッター様も飼い主様も安心の保険を完備しました。

以下のような事故を補償します

傷害総合保険

  • ペットシッター業務中に犬・猫にかまれ、通院した。
  • ペットシッター業務中にお客様の自宅で転倒し、入院した。
  • お客様の自宅で家具が倒れ、ケガをし、手術をした。

賠償責任保険

  • 散歩中に預かった犬が第三者にかみつきケガを負わせた。
  • 散歩中に預かった犬に怪我をさせてしまい、動物病院に連れて行き、治療費が発生した。
  • お客様から預かった鍵を紛失してしまい、鍵の交換費用が生じた。
  • お客様の家具を誤って壊してしまった。
  • 預かった犬・猫が死亡してしまい、慣習として見舞金を支払った。
  • 預かった犬を近くの公園で散歩中、ジョギング中の女性に吠え、驚いて転倒し、顔面や両腕などを負傷した。
  • 空調設備が壊れ、預かった犬・猫が熱中症をおこした。

等々

ページトップ